読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきしょくっ!!

このブログでは、筆者のいままで食べたオイシイお菓子やお店なんかを気まぐれに紹介していこうとしています。 夜中には見ない方がいいかも?

かきしょくっ!!ビーバー編

神奈川県は藤沢市善行駅
本屋もないこの辺境に、少年たちが愛したお店があります。
子供の居酒屋「ビーバー」黄色い旗が目印です。
駅から徒歩1分、ATMの隣にそれはあります。
注文口は狭く、店内には入れない、屋台に似たスタイル。道の向かいにベンチがあり、昼間には中高生がたむろしています。
とにかくこのお店、揚げ物が多い。
店の前を横切るだけで胃がもたれそうなほどのオイルの匂い。しかし、これが空腹中枢のジャンクな部分を捉えて離さない。
バイト終わりにここで毎度注文するのは、「揚げアイス」。チョコジ◯ンボモナカにかる〜く衣を付け、油で揚げたものです。
しかし、今回に限っては写真はありません。
何故なら、撮る暇が無いから。
この揚げアイスを食べるときの一番美味しい食べ方は、「渡されてから5秒以内に齧る」こと。まだ油の海からあがったばかりの、ブチブチと活きのいいもなかを、躊躇わずに齧ること。
もちろん熱いです。口蓋火傷必至です。
加えて自分は猫舌です。
でも、それでも、自分は一寸の躊躇いもなく、それを実行することができます。
何故ならその味を知っているから。
口の中で広がる油とアイス、熱と涼のせめぎ合いの激しく甘美なことを知っているから。
長引く口内火傷のリスクを犯してでも、得るべき味が目の前にあるあるのなら、喜んで犯します。
そしてまた「バイト頑張ろう…」と思えるのです。

「ビーバー」。真の揚げアイスを味わいたい方はここへ。

かきしょくっ!! ハティ編

突然ですが、風邪を引きました。
原因はおそらく、先日までの強行プラン(京都で半日歩き回ってアイス4つくらい食べた。京都のわらび餅は最強)。楽しかったから全くそれはノー問題なんですが、治せるものは早めに治したいと思うのが道理です。
そこで考えました。
「ここはあえてガツンと力の付くものを食べよう!!」
そして、力の付く食べ物の代表格といえば…
にんにく!!
というワリオ的発想に至り、お出かけの帰りにあるお店に寄りました。
インド料理店 ハティ
前々から何度か来ていたお店なんですが、いつも写真を撮るのを忘れたりして載せられませんでした。
インド料理といえばカレー…
しかし、今日の目的は!!!
f:id:rinono4:20160331120643j:image
コイツだアァーーーッ!!!
チーズガーリックナン!!
その名の通り、とろとろチーズ入りのナンの上に、これでもかというくらい刻んだガーリックがまぶされた一品。うまいに決まってます。
とりあえずひとかじり。
生地カリッ!!
チーズトロッ!!
オイルじゅわっ!!
にんにくザクッ!!
ほらね!!!
脳天にガツンと突き抜けるうまみです。
中毒物質として法規制されかねない。
これを食べてしまったら、風邪治るどころか、健康通り越してハイになりますよ。

インド料理 ハティ、力が欲しい人は是非。

かきしょくっ!!豆腐ボウル編part2

(体内で)大好評につき、まさかの豆腐ボウル編part2です。
寒くなってくると、胃腸が弱ってくるものです。しかしそんなことはお構い無しに、お腹は空きます。
そして、自然と足が向くのは、胃の調子と空き具合、その両方を満たしてくれる「豆腐ボウル」。一息つくにもいい感じの雰囲気です。
f:id:rinono4:20151224011843j:image
今回の豆腐。
ミネストローネ(右下)と白玉あずき!(左上)
このミネストローネ、チーズが入ってるんですが、それが伸びる伸びる。うにょーっと。
豆腐とチーズが絡み合い、優しく舌に触れる…
ああっ、美味しい…
なんというか、
「う、うめーーー!!」っていうんじゃなく、
「おいしい…(ほっ)」って感じ。
なめらか豆腐の魔法。
前まで麻婆豆腐以外で豆腐をおかずにご飯を食べるというのは正直想像もつきませんでしたが、人って変わるものです。
柔らかく、しっかりとしつつ、胃を刺激しすぎない優しい味…

年をとったらこれを介護食として食べたいランキング堂々の1位です。

野菜入りのスープも付いてきて、これがまたホッとします。

デザートの白玉あずき。
なんと白玉も豆腐でできているらしい。
もちもち、かつとっても滑らか。
昔話に出てくるような、絵本に描いたように美しい舌触り。
きなことあずきのほんのりとした甘みに、自然と頬緩みます。
「ほっぺたが落ちる」って、こういうことを言うんでしょうか。
余韻にひたひたに浸りながら完食。
ごちそうさまでした。

豆腐ボウル、ぐっすりと眠りたい日にはぜひ。

かきしょくっ!! びっくりドンキー編

今日の予定は、午前中に予防接種を受け、午後から友人達と合流、そして遊びまくるという流れでした。
かねてより楽しみにしていたこの日ですが、あろう事かかきしょうゆは寝坊をかまし、朝食を食べる時間もないまま予防接種へ。そしてダッシュで友人達との合流地点に向かいます。

無事合流し、池袋駅周辺を散策。
東急ハンズを探検し、気に入ったペンなんかを買い、歩き疲れてきたところで、サイゼで一息。しかしここでは絵を描いたり話をすることが主要目的だったので、食事はほとんどとりませんでした。

3時間ほど過ごしたところで、お店が混んできたこともあり撤収。

この時点でかきしょうゆのHP(Harahetta Point)は限界値。
しっかりとした食事をとるべく移動を開始します。
行き先は、友人の一人・ネヤノが激烈に行きたがっていたお店、
ハンバーグで有名なチェーン店ですが、かきしょうゆは一度も行ったことがありませんでした。
早速向かい、メニューを開きます。何にしようかと迷おうとするその前に、ネヤノが確信に満ちた表情でただ一言。
「フォンデュ風チーズバーグディッシュで」
こ、このエネルギー溢れる語気…っ!!
ならばその確信にのってやろうと、自分も同じものを注文。150グラムと300グラムの2種類から選べる様ですが、その時点で24時間以内に食べた固形物はサイゼのエスカルゴだけという状況だったかきしょうゆは、迷わず300グラムを選択。万全の空腹で戦闘態勢を整えます。
そして襲いかかってきたのがコイツ!
f:id:rinono4:20151213011518j:image
で、でかい!自分の手のひらよりでかい!!
そしてドロドロにかかったチーズのかほり!!
「幸せ」という単語をそのまま実体化させたような、子供の頃に夢見たTHE・ハンバーグって感じ。

お箸でハンバーグの端を刺し切り、口の中へ。
おお…肉だ…まさに肉…!
朝からたんぱく質を求めていた体が、もっと寄越せと叫びます。
そして肉とともにたっぷりと口の中へ入ってくる濃厚なチーズ!
鼻に抜ける濃厚な風味がたまりません。

肉!チーズ!米!肉!チーズ!米!
うまい!うまい!うまい!うまい!うまい!

そして、このハンバーグが載っているお皿、底が独特な形状をしているんです。
( Λ )⇦極端に言うとこんな感じで、中心が山のように盛り上がって、外側にいくほど下がっていく形状です。

これにより何が起こるかというと、
ハンバーグの肉汁が側面に溜まって、かき集めやすくなるんです。
そしてこれにより、肉汁を啜りながらご飯をかきこむという品性の欠片もない行為が、格段にやりやすくなるんです。
わざわざこんな皿の形にするなんて、びっくりドンキーは何を考えてるんでしょう。
客を獣にでもしたいんでしょうか。


うおおー!!本能全開で飯食うの幸せーーー!!!じゅるっ!!ガツガツッ!!!

あと少しでも理性が吹き飛んでいたら、さらの側面についたチーズを直接舐めていたかもしれません。
こいつはヤベエ…

1日分の栄養素(主にたんぱく質)を一息に摂取し、大満足。
近所で店舗が見つかれば、絶対また行こうと思います。
びっくりドンキー、子供に戻りたくなった人は是非。

かきしょくっ!! 豆腐ボウル編

ある日の帰り道。時間にして20時頃。
疲れて切っていた自分は、空いた小腹を抱えながら、脚を引きずるようにして駅へと向かっていました。
通い慣れた通学路をとぼとぼと歩きながら、ふと目に飛び込んできた見慣れたはずの看板に、その日は何故か脚を止めてしまいました。
「豆腐ボウル」
聞きなれない言葉です。
しかし、「豆腐」というワードに、その日の自分の胃袋は妙に疼きを覚えました。
そして胃袋に導かれるように、自分はそのまま店内へと吸い込まれていきました。

お店の中は和風カフェのような雰囲気で、20時という時間のこともあったのか非常に落ち着いていました。

メニューを開くと、そこにはずらりと並ぶ豆腐料理。
ここのメニューは、プリンのようにカップに入った豆腐の上に、ソースや具をのせて提供するというものが基本スタイルらしい。

セットで頼むとお得だということで、ご飯セット(豆腐料理×2に麦飯がついてくる)を注文。

豆腐料理はメニューの中から好きなものを選べるということだったので、一つ目は無難に麻婆豆腐に。メニューの裏を見てみると、そっちはスイーツ系の豆腐料理コーナー。その日は妙にチャレンジ志向だった自分は、マンゴープリン(豆腐)を二つ目にチョイス。

待つ事数分でてきた料理がこちら。
f:id:rinono4:20151210203132j:image
デザート枠のマンゴープリンは後に出てきましたが、写真を撮り忘れました。ホーリーシット。

なんともヘルシーな見た目。
とりあえず、野菜のたっぷり載った麻婆豆腐を一口。

…!?

う、うまい…
豆腐なのにとてもジューシー、
それでいて水っぽいわけでもない…
下に入っている豆腐はかなり柔らかく、
レンゲですくっても端からこぼれ落ちてしまう程。
うまい…!!
豆乳からえぐさを抜いて甘みと純粋な豆の旨みだけを抽出したようなすっきりしたおいしさ…っ!!
豆板醤のきいた餡ともよく馴染む。
辛い!そしてほんのり甘い!う、うまい!!

豆腐料理でご飯をかっ喰らう…ヘルシー&美味!!

とろっとろの豆腐料理。こいつは大当たりです。

麦飯もすっからかんに食べきった頃、
第二の豆腐料理、もといデザートが出てきました。
豆腐マンゴープリン!!

つるっ…じゅわっ…

う、うま(略)

マンゴーの甘みと大豆の甘みがこんなに合うものだと思いませんでした。
果汁と豆エキスの絶妙なコンビ!!
2人を繋ぎ止めるこれまたおいしいふわふわクリーム(正式名称がわからない)!!

漫画とかでよくある、おいしいものを食べた時に片手を頬に添えて幸せな表情をしながら「んん〜♩」みたいな声を出すというのを現実でする事になるとは思いませんでした。我ながらちょっと引きます。

ちなみにこの豆腐ボウル、お持ち帰りもできるとか。今回はしませんでしたが、恐らくそう遠くないうちにまた行く事になると思います。
豆腐ボウル、ヘルシー志向な気分になった時はぜひ。

…マンゴープリン、美味かったなあ…

かきしょくっ!! 麺匠ようすけ 鶏煮亭編

当方神奈川育ち、近所のラーメンといえば家系!!濃厚!!ごってり!!みたいな環境で高校時代を過ごしていました。
しかしそれほど胃が丈夫なわけではない自分は、しばしば
「ラーメン食べたい!でもオイリーなのは無理!」というジレンマに陥ります。
今日もまたそんな葛藤をしながら通学路をのんびり歩いていると、ふと目の前に気になる看板が。
「麺匠ようすけ 鶏煮亭」
どうやらラーメン屋さんのようですが、鶏煮亭とは一体…?
しかし鶏というからにはヘルシーな感じのラーメンに違いない!という謎の確信を抱き、食券機と相対します。
「鶏白湯ラーメン」というのがここの主戦力ラーメンらしい。そこはかとないあっさりオーラを感じますが、(胃弱いくせに)濃いめの味が好きな自分は、通常の鶏白湯の隣にあった「濃厚鶏白湯」に指を伸ばします。
店の中へ入ってみると、多少狭めながらも派手過ぎず落ち着いた雰囲気。いつも行く家系ほど店員さんのテンションも高くはありません。
カウンターの張り紙によると、「鶏煮亭」という名前は、文字通り「鶏を煮る」というのと、「麺・スープ・具の三位(味)一体(=トリニティ)」をかけているそうです。
食券を渡し待つこと数分、濃厚鶏白湯の登場です。f:id:rinono4:20151203211946j:image
濃い!思ってたよりずっと!!
正直侮ってました。さすが濃厚。
スープをすくってみると、けっこうドロッとしてます。いかにも鶏が溶け出してますって感じ。お店の張り紙によると、鶏ガラと「モミジ」と呼ばれる足の部位を10時間煮込んで作っているらしいです。
一口飲んでみると、これが意外とくどくない!
凝縮された鶏の旨味はしっかり伝わってくるのに、口に残るようないやみな油っぽさが無い。
どっちかというと鍋の汁に近い感覚です。でも決して薄くはない!
麺は細めで、この濃厚スープとよく絡む!
噛み応えもひじょーにいい感じです。
そしてチャーシュー!!
このお店のチャーシューは鶏肉をその場で炙った(多分)ものなんですが、これが強烈にうまい。肉そのものの美味しさもさることながら、程よくついた焦げ目が香ばしい!しかもパサパサしていない!!
スープの鶏味とタッグを組んで、歯を、味蕾を、食道を爆走していきます。

と、トリニティ-…

きれいさっぱり完食。一滴のスープも残りません。
おいしいラーメンでスープを飲み干すことはよくあるのですが、飲みきっても胃もたれしなかったのは初めてです。

麺匠ようすけ 鶏煮亭、食欲と体調がかみ合わないときは是非。


かきしょくっ!!梅蘭編

自分は神奈川住まいなだけあって(?)、中華料理がかなり好きです。
中華街にはおいしいお店がけっこうあり、中には中華街以外の場所にも出店しているお店もあります。
「梅蘭」もそのひとつ。自分が知っている限り、ららぽーと横浜、川崎、そして辻堂駅のテラスモールに店舗があります。
今回行ったのはテラスモール店です。
「そもそも梅蘭って何のお店よ?」と思われる方が多いと思うので、まずはそこから説明しましょう。
「梅蘭」とは、「中華風焼きそば」のお店です。
具体的には、こんなやつです。でん!
f:id:rinono4:20151106160919j:image
初見では「何だコレ…?」と思いました。
麺入りのオムライスみたいな見た目ですね。
表面をお箸で軽く叩いてみると(行儀悪)、カチカチといい感じの固さ。食感に期待が持てます。
これだけでもそこそこうまそうですが、この「梅蘭炒麺」の本領はこの麺を割ってからです。
麺の隙間に箸を割り入れて、中を覗いてみると…
f:id:rinono4:20151110172904j:image
                  /やあ
なんと中からトロトロのあんが!!
このあんと、カリッと揚がった麺を絡めて食べるのがサイコーに美味しいんです。
ドーム状の麺を卵ごと強引に引きちぎり、あんをたっぷり乗せて口の中に放り込む…
パリパリ感ととろみの平和条約成立。世界は救われました。

ちなみにこのあん、全部で3種類あります(プレーン・シーフード・牛肉。写真のやつは牛肉です)。どの種類でも値段は1000円ちょっとです。

自分の知ってる場所以外にも店舗がないかと調べてみたところ、東京・神奈川にはけっこう出店しているようです。首都圏に来ることがあればぜひどうぞ。